派遣法改正対応(派遣労働者の同一労働同一賃金対応)

概要

派遣法改正により、2020年4月より派遣労働者の同一労働同一賃金の対応が必要となります。これは、大企業も中小企業も同じように適用されます。派遣労働者の賃金について、派遣先の正社員と比較して同一労働同一賃金にするか、一定水準以上の賃金体系を定め労使協定を締結しなければなりません。

改正に対応していない場合、派遣自体ができなくなります。早急な対応が必要です。

コンサルティング内容

現状分析

対応方法立案

労使協定の作成、締結

規程類改定

料金

50万円~

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせはこちら