退職金(経営者向け)

会社の退職金に従業員がお金を上乗せ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後資産=年金+退職金+貯蓄?

確定給付企業年金(DB)や確定拠出年金(DC)は、掛金に「個人負担分」を拠出できるような設計も可能です。

会社の出す掛金だけでなく、個人も上乗せすることで従業員の受け取る老後資産をより多くすることができます。

国の年金だけでは将来暮らしていけないことを考えれば、このような従業員の「自助努力」を促進することは 素晴らしいと思います。

国もこの方針には税制優遇という形で応えており、確定給付企業年金の個人掛金は「生命保険料控除」、確定拠出年金の個人掛金は「小規模企業共済等掛金控除」として所得控除になり、本人の税金が安くなります。

会社側の処理は煩雑

これらは会社の給与計算や年末調整で処理を行わなければなりません。
税や社会保険の法制はややこしい上に毎年のように改正があり、社内人材で対応するのは容易ではありません。

間違いなく処理を行うためには、官公庁や専門家に相談することをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加