退職金(経営者向け)

老後の生活費は退職金で補えるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

老後のシミュレーション

H26年総務省家計調査によれば、高齢夫婦無職世帯の収入は約20万円。税金・社保を引いた手取りは約18万円です。

逆に支出は、約24万円。毎月、6万円ずつ赤字になります。

65歳時から、平均余命である約20年生存したとすると、
6万円×12カ月×20年=1,440万円 が必要

このようにざっくりと概算で算出できます。
もちろん、節約志向や健康状態、年金がもらえる年齢まで働くかどうか、個人の条件で金額は変わってきます。

退職金は老後のためのお金

1,000万円を超えるお金を個人で準備するのは、非常に大変だと思います。

この点、定年退職でもらう退職金は、途中で使ってしまう恐れもなく、税金の面でも優遇されているため、かなり有用です。

東京都の中小企業の場合、東京都産業労働局調査における退職金モデルは定年で1,200〜1,300万円程度となっています。

老後資金は退職金だけでは足りず、従業員の自助努力が必要と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加