退職金(経営者向け)

退職したら確定拠出年金を会社に返す場合がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すぐに辞めてしまった従業員の退職金を減額

確定拠出年金(DC)は、従業員が自己都合退職したら、会社に掛金を返す、というルールにできます。

これによって、従業員がすぐ辞めてしまうことへの抑止効果があります。

ただし、勤続3年未満で退職した場合に限ります。

それから、会社掛金の何%を返すのか、ということも決められます。
多くの会社では「勤続3年未満、会社掛金の100%返還」としているようです。

また、確定拠出年金は運用した結果、金額が変わっているはずです。
利益が出た部分は従業員本人のものになります。
そして、損失分はというと、従業員が追加で払う必要はなく会社負担となります。

他の退職金と組み合わせて長期雇用推進

注意したいのは、勤続3年以上の場合は、会社掛金返還は法律上できないということです。

3年未満の短期退職を防ぐだけでなく、さらなる長期雇用を推進したい場合は、確定拠出年金以外で工夫する必要があるでしょう。