401k

退職金(経営者向け)

確定拠出年金が60歳までもらえない「意味」

もらったら使ってしまうのが「お金」というもの 確定拠出年金(DC)は、中途退職した場合であっても、60歳になるまでは受け取れません。※1 ※2 60歳になるまでは、個人または転職先で運用を続けることになります。 いったい […]

退職金(経営者向け)

確定拠出年金でデイトレができるか?

DCの売買は1日1回 確定拠出年金(DC)では、デイトレのような運用はできません。 商品を売り、その代金で別の商品を買う「スイッチング」には時間がかかるからです。 また、投資信託の価格(基準価額)は、1日に1回だけ決まる […]

退職金(経営者向け)

確定拠出年金は転職者の受け入れに有効?

会社で確定拠出年金に加入することは従業員にとっての利益 確定拠出年金(DC)に加入していた人が会社を退職しても、60歳になるまでは受け取れません。 退職後は、「個人型」の確定拠出年金の手続きをして、60歳まで運用を続けて […]

退職金(経営者向け)

簡単な資産配分のしかたとは?

確定拠出年金(DC)を導入し、セミナー等で加入時教育を行っても、投資になじみのない従業員は、自分の資産配分を決められないことがあります。 「わからないので会社で決めてください」なんて人もいます。 これでは困りますので、多 […]

退職金(経営者向け)

年齢によっては分散投資しないほうが良い?

年齢とリスクの関係 分散投資は、リスクを抑える投資法で、確定拠出年金(DC)の運用の基本です。 しかし、分散さえすれば良いというわけではありません。 年齢によって、リスクの取り方というものがあります。 つまり、若い時はリ […]

退職金(経営者向け)

従業員が自分の運用状況を確認するには?

いま一体いくらあるの? 確定拠出年金(DC)の運用では定期的な残高チェックが有効です。 今、運用は順調なのか。商品配分(バランス)は問題ないか。 どの商品で利益が出て、どの商品で損失が出ているのか。 これはある程度、自動 […]

退職金(経営者向け)

従業員に確定拠出年金の「運用」ができるか?

確定拠出年金を導入し、投資教育を行ったとして、株も買ったことのない従業員が運用なんてできるのでしょうか。 確定拠出年金は「投資の入門編」 確定拠出年金における「長期分散投資」であれば、投資に詳しくない従業員でも運用が可能 […]

退職金(経営者向け)

確定拠出年金の想定利回りとは?

基準がなければなにも判断できない 確定拠出年金は、従業員が運用した結果が退職金の額となります。 しかし、どれくらい儲けを出せば良いのか、目標が必要です。 これが「想定利回り(または基準利回り)」というものです。 「想定利 […]

退職金(経営者向け)

確定拠出年金とポータビリティ

退職金の持ち運び 今は転職が当たり前の時代です。 転職前の企業から転職先の企業へと、退職金を持ち運べる「ポータビリティ」が時に問題となります。 多くの企業年金制度の中で一番ポータビリティに優れるのが確定拠出年金(DC)で […]

退職金(経営者向け)

確定拠出年金とは?

従業員の運用次第で退職金が増減する 確定拠出年金とは、退職金・企業年金の一種で、日本版401Kと呼ばれたり、DC(Defined Contribution plan)とも言います。 運用次第で受取額が変わるという特徴があ […]